感染を防ぐ対策とは|徹底した予防が病魔から逃れるコツ|ノロウイルスの流行に乗らない
ウーマン

徹底した予防が病魔から逃れるコツ|ノロウイルスの流行に乗らない

感染を防ぐ対策とは

男性

ウィルスの特徴について

インフルエンザは例年11月〜4月に流行します。インフルエンザウィルスは強力な感染力があります。年齢性別を問わず、一度流行るとあっと言う間に広まる傾向にあり、予防が大事になってきます。インフルエンザウィルスは潜伏期間はだいたい1〜3日で、飛沫感染と接触感染で広まります。飛沫感染とは、ウィルスに感染している患者のくしゃみや咳などで唾液、鼻水が小さな水滴となって飛び、それによって感染することを言います。人間に感染するインフルエンザウィルスにはA型、B型、C型の三つがあります。流行の中心となるのはA型とB型です。A型は症状が重くなる傾向にあり、感染力も強く、大きな流行を引き起こすことがあります。B型は比較的軽く、限定的な地域で流行する傾向にあります。

手洗いやワクチンが効果的

インフルエンザの予防で大事なのは、まずは正しい手洗いです。手のひらだけを洗うのではなく、指先や爪の間、指の間、手首などつい忘れがちな個所もよく泡立てた泡で念入りに洗うようにします。予防接種も大変効果的です。予防接種を受けた場合でも発症することはありますが、その場合比較的軽い症状で済むことが多いです。ただし、流行するウィルスの型は毎年変わりますので、予防接種も毎年受ける必要があります。乾燥すると、のどの防御機能が低下し、ウィルスの侵入を許してしまいます。湿度を適度に保つことも予防効果があります。免疫力や抵抗力が落ちると感染しやすくなりますから、普段からの健康管理も大事です。流行っているときは、人混みを避けることも意味があります。