メンズ

徹底した予防が病魔から逃れるコツ|ノロウイルスの流行に乗らない

感染を防ぐ対策とは

男性

インフルエンザに罹ると、急激に38度以上の高熱が出て、ひどい頭痛や筋肉痛が起こります。軽症で済む場合もありますが、重症化することも稀ではありません。予防対策をしっかりととり、それでも罹ったかなと思ったら、速やかに病院を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

詳細へ

普段から感染に気を付ける

レディー

こまめな手洗い

ノロウイルスは次第に肌寒くなっていく11月から流行が始まり、3月ごろまでは注意しなくてはいけません。どうしてこの期間に流行しやすいのか、まだ完全には解明されていないので、11月からは特に普段からノロウイルスの感染対策を意識する必要があるのです。とは言っても、特別なことをしなくても構いません。他の細菌性の病気と同じく、こまめな手洗いが効果を発揮します。石鹸と流水で、手に付着したノロウイルスを洗い流す習慣を持ちましょう。ちなみに石鹸やアルコールの消毒液で殺菌するのは難しいので、手が汚れるたびに洗い流すことに大きな意味があるのです。指先や指と指との間、手首や爪と指のすき間などは洗い残しが多いので気を付けましょう。

食品について

食品を通してノロウイルスが体内に入らないようにすることと、食品から食品への感染を防ぐことも重要です。調理の際はしっかり加熱するようにしましょう。食品の芯まで熱が通っていれば、ノロウイルスに感染しなくなります。11月から3月までの流行シーズンは、刺身のように生で食べたくなるものもなるべく加熱調理して食べた方がいいでしょう。特にノロウイルスを体内に保有しやすいとされているのが牡蠣などの二枚貝です。もし牡蠣を食べる場合はフライなどにした方が安心です。他の食品にノロウイルスが感染するリスクを避けるためにも、牡蠣などは他の食品からは離しておきましょう。これらの点に気を付けておけば、感染する確率は大分下がります。徹底した予防が病魔から逃れるコツだと言えるでしょう。

乾燥しすぎた肌を保護する

クリーム

乾燥肌はアトピーにもよくないですし、バリア機能も弱まっているのです。白色ワセリンは刺激が少ないので、乾燥肌の保湿に適しています。まぶたや唇などに使用することも可能です。入浴後の清潔な肌に薄く塗るようにしましょう。

詳細へ

お腹の風邪の対処法

マスク

ノロウイルスは感染力が強く、潜伏期間も短いためあっという間に感染が拡大していきます。感染しないための対策法としては、手をしっかりと2度洗う、次亜塩素酸水を吹きかけるといったことがあげられます。もし感染している人の汚物処理を行う場合は、二次感染を防ぐためにも使い捨てのマスクなどを使用します。

詳細へ